大手航空会社を利用する際の着目点

東北方面へ出かける機会がある時には、空路の利用が大変便利だと思います。
いくつかの空港がありますし、主要空港も含まれているからです。
仕事で訪れれる際にも、プライベートで訪れる際にも、大変便利に利用する事が出来ると思います。
特に大手航空会社であるANAやJALを利用するのであれば、直行便が出ていたり、乗り継ぎ便で格安な航空チケットを利用する事が出来る可能性が出てきます。
直行便は乗り継ぎ便に比べて割高になりますが、1度搭乗してしまえば到着を待つだけですので、気持ち的に安心感が得られると思います。
乗り継ぎ便は、途中で飛行機を乗り換えるという手間が掛かりますが、その分チケット料金が割安になることがメリットです。
どちらを選ぶかは好みや用途によるものが大きいと思います。
ANAの場合でも、JALの場合でも、割引制度と言う物があります。
ANAの場合は、最大で75日前から21日前までの予約が可能で、75日前までの予約に関しては、割引率も1番高く設定されています。
JALの場合は、最大で55日前から21日前までの予約が可能で、55日前までの予約が1番割引率が高く設定されています。
チケット料金を少しでも安く利用したい場合や、あらかじめ、プランが決まっているような時には大変便利なサービスだと思います。
また、座席に関しては普通席である事が多いのですが、追加料金を支払うことにより、グレードアップする事も出来るようです。
こうした格安航空チケットに関しては、ほとんどの場合、変更や予約の取り消しが出来ない事が多く、変更や取り消しを行う場合には各自手数料が掛かるそうです。
各種優待券などを利用している場合は例外で、変更や取り消しが出来る場合があるそうなので、その点においては、事前の確認が必要になると思います。
大手航空会社を利用するなら、上記のような点にも着目して、目的に見合ったチケットを予約・購入することをお勧めします。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP