格安航空券のメリット

現在、格安航空券が主流になりつつあると考えますが、そのメリットを十分に理解し、有効に利用して行く事がこれからの賢い飛行機の利用方法であると考えます。

格安航空券のメリットはとにかくその運賃の安さです

現在、世界的に格安航空会社が台頭してきておりますが、その格安航空券のメリットは、何と言ってもその運賃の安さが最大のメリットです。運賃を安くするためには他の一般的な航空会社とは異なる料金のシステムが有ります。その一つに燃油サーチャージが有ります。通常の航空会社は燃料費の上下によって航空運賃にその燃料代の上下分の差額を上乗せします。特に燃料費の値上げ時に燃油サーチャージを上乗せします。しかし、格安航空会社はその燃油サーチャージを最初から航空券代に含んでいるので、その差額分を請求される心配が有りません。又航空券を安くするために様々な機内サービスも通常の航空会社とは異なり、飲み物や食べ物、テレビ放映などが有料化されており、それらのサービスを利用されない限り、安い運賃で利用する事が出来ます。

格安航空券の会社の機材は新型機が多い

飛行機
格安航空券とその航空会社を利用するメリットとして、新しい機材を使用していると言う事です。中古の機材は燃費の悪さや、故障のリスクがあり、会社の運営上コストが上がってしまうからです。格安航空と言うと中古の機材を何処かの航空会社から安く払い下げてもらっていると言うイメージが有りますが、現在ではその様相は異なっております。又、中古の機材は頻繁に故障してしまい、その修理に関わる人件費で有ったり、その修理に伴う部品の交換が発生し、かえってメンテナンスコストが上がってしまいます。航空会社からしてみればそのコストは無駄であり、少しでも削減する為には新しい機材を導入し、飛行させた方がメリットがあると言う事になります。

格安航空券のメリットは航空会社の制約の範囲内にする

格安航空券とその航空会社を利用するメリットとして、通常の航空会社では余りませんが様々な制約があり、その制約の範囲で有れば運賃を安くする事が出来ます。例えば片道の料金設定がされている場合、渡航先でのご自身の予定が不透明で有った場合には、この片道切符は大変お得ではないかと考えます。又、帰りの期日が指定されいる物、渡航時期が決まっている場合には、早期申し込みによる割引等が受けられます。又、持ちこめる荷物に重量や数量のあるもの等が有ります。その制約条件の範囲内で有れば、航空運賃を安くする事が出来ますので、ご自身でお持ちになるぬ持つの量をできるだけ少なくし、この制約の範囲に入れる事も運賃を安くする方法です。

現在の格安航空券の会社は安全です

現在の格安航空券と航空会社は、人昔の様に「安かろう悪かろう」では無く、安心と安全と安さを売りにしております。海外にはまだまだ危険と思わるる格安航空会社も有りますが、日本国内の格安航空は安全であると考えます。ご自身の懐具合と相談の上、格安航空券を購入してみては如何でしょう。

関連記事

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP