ジェットスターの運賃と料金の基礎知識

ピーチアビエーション、ジェットスター・ジャパン、バニラ・エアなどのLCC(格安航空会社)を中心に格安航空券で旅行する人達が増えています。ではどんな運賃になっているのでしょうか?しっかりとシステムを利用しないと大手航空会社の早割格安航空券のほうが安かったりします。今回は【ジェットスターの運賃と料金の基礎知識】について説明します。

ジェットスターの運賃

格安航空会社(LCC)の場合は、座席が余っていたら安くなります。そして残りが少なくなると高くなる傾向があります。夏休み・ゴールデンウイーク・連休などはお客さまが多いですから、格安ではありません。
お客さまが少ない路線や閑散期に旅行するときには有利になります。需給関係によって運賃は変動します。

運賃の種類はエコノミーの場合はStarter、Starter Plus(ちゃっかりPlus)、Starter Max(しっかりMax)。一番安いのがStarter。これは機内持ち込み手荷物が付いているだけで、受託手荷物がない場合です。
サービスを追加すると値段は上がります。
安さを追求するならば、荷物を手荷物だけにしてStarterを使うことです。

ジェットスターの最安値を知っておくといい!

路線ごとに最安値と最高値が決まっているのがジェットスターの特徴です。割引キャンペーンをしている以外は最安値を下回ることはありません。空席確認をしたときに、最安値に近い料金設定ならば「おトク」だと判断してもいいでしょう。

そうじゃない場合は、日本航空や全日空などの早期割引運賃と比較してみましょう。特に荷物が多い場合はジェットスターの方が高くなることもあります。
それならばサービスが良いレガシーキャリアのほうが快適なフライトを楽しめます。
また往復割引などの特典もありません。さらに座席指定をした場合も追加料金がかかります。
ちなみに座席はスタンダードシート・アップフロントシート・エクストラレッグルームシートの3種類です。

いかがでしたでしょうか?

ジェットスターの運賃と料金の基礎知識をご紹介しましたのでご理解いただけたでしょう。これで予約するときに失敗することもないと思います。表向きの料金だけ見ていてはだめです。
追加料金がどれだけかかるのかを幅広くみることが大切です。

旅行をするならば宿泊施設の予約もあります。格安ツアーや激安パッケージや大手航空会社のセットプランも安い料金設定のこともあります。初めからLCC(格安航空会社)が安いと決めつけないほうがいいです。
先入観で安いと思い込んでいる人がいます。しっかりと情報を精査して、面倒でもキチンとトータルの旅行費用を算出して比較しましょう。

関連記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP