移動費カットで国内旅行を有意義に!スカイマークの航空券

移動費カットで国内旅行を有意義に過ごしたいのであれば、断然スカイマークがおすすめです。
その理由をご紹介しましょう。

嬉しい羽田発着

今現在、日本にはたくさんの格安航空券を扱っており、その中には多くのLCCを含みますが、多くの場合、東京出発には成田空港が採用されていることが多いです。
ですが、スカイマークの場合は、嬉しいことに、羽田空港発着となっていますから、成田空港までの無駄な交通費を回避できるというメリットがあるということを覚えておきましょう。
その値段は、片道数千円単位に及ぶので、かなり大きいと言えるでしょう。

スカイマークは預け荷物も無料

格安航空券を使う際に、最近1番気を付けなければいけない点ともいえるのが、預け荷物の値段についてです。
最近では、預け荷物に関してはすべて有料という所も多く、無料にするために、手荷物にすべてを詰め込んだら、手荷物にも重量制限があり、その重量を量られたら有料になってしまったなんてケースはよくあることだと言えるでしょう。
ですが、スカイマークは、20kgまでの荷物であれば無料で預けることができるのです。
例えば、無料で行けると思ったら、荷物の重量が上がってしまってお金を払わなければいけなくなってしまったなんてことがあるかと思いますが、スカイマークでは、そういった危険も回避できますし、無駄なコストを省けます。

移動費カットの神髄はここ!座席の快適さ

スカイマークというのは、日本のLCCの中の先駆者ともいえる役割を果たしているので、LCCすぎることもなく、かといって、大手航空会社ともちょっと違う、いわば真ん中の役割を果たしていると言える格安航空券を扱う航空会社です。
そのためか、一般的に言ってLCCの座席は、仏体型の女性であっても、ちょっと窮屈だなと感じることは多々ありますが、スカイマークの座席の感覚は、大手航空会社の国内路線とさほど変わることはないので、これに乗り慣れているという方は、特に追加料金を払ってさらに快適なシートに座るという必要はありません。
こういった面でも移動費のカットにつながります。

無駄な機内サービスがない

LCCや、格安航空券を扱う航空会社の中で1番カットしている点、それが無駄な機内サービスです。
大手航空会社となると、ジュースや、時間によってはごはんなども出てきて、「ラッキー」なんて思いますが、それは実は料金に含まれています。
ですが、そういったものを最初から排除しておけば、航空券も格安で販売できる上に、消費者はそれを購入できます。
そういった無駄な機内サービスを排除して、より安くスカイマークに搭乗してもらうというのがスカイマークのコンセプトなので、安く利用できます。

関連記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP